« ソーシャル・ネットワーク | トップページ

唐山大地震 -想い続けた32年-

Touzan
73点
原題:唐山大地震
公式HP:http://www.socialnetwork-movie.jp/
試写会場: 九段会館
監督:フォン・シャオガン
出演:シュイ・ファン、チャン・チンチュー、リ・チェン
制作国:中国(2011年)

〈ストーリー〉
1978年、中国の都市・唐山で歴史的大地震が起きた。
両親が出かけていて、家で寝ていたドンとダーの双子の姉弟は、潰れたガレキの下じきになって生きていた。
コンクリートをどけるには、姉か弟のどちらかしか助けられないと言われた母親は仕方なく弟を選ぶ。
その会話を聞いていたドンは、死体置場で息を吹き返すが、家族を捜そうとはしなかった。
子供がいない人民軍(チェン・ダオミン)の夫婦に育てられたドンは器量も頭脳も抜群の娘に育つ。
一方、命は助かったものの左腕を亡くしたダーは、大学に進学せず、母親を残し深センに旅立つ。

〈感想〉
フォン・シャオガン監督っぽく映像は綺麗なんだけど、主人公たちが花がない俳優さん達ばかりで、そのせいか感情的にはいまひとつ入れ込めなかった。
だって知ってる人ってチェン・ダオミンさんしかいないんだもん。
リウ・イエ氏でも出してくれればイレ込み度が違ったのに。

|

« ソーシャル・ネットワーク | トップページ