« アメイジング・グレイス | トップページ | ソーシャル・ネットワーク »

漫才ギャング

Manzai_gang
84点
試写会場:一ツ橋ホール(via D様、いつもありがとうございます。)
公式サイト:http://www.manzaigang.jp/
監督:品川ヒロシ
出演:佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、綾部祐二、秋山竜次、新井浩文、宮川大輔、笹野高史
制作国:日本(2011年)

〈ストーリー〉
売れない芸人の飛夫(佐藤隆太)は、真面目過ぎて芸人仲間に友達はいなく、恋人の由美子(石原さとみ)と別れたばかり。
相方から一方的にコンビ解散を告げられ、飲み過ぎて留置場に入っているときに、同じ部屋の龍平(上地雄介)と運命的な出会いを果たす。
ケンカだけの人生だった龍平に出会って、それまで暗かった飛夫は龍平とともに変わって行く。

〈感想〉
出だしはやっぱり所詮吉本芸人の作る映画かと思われたが、話しが先に進んで行くうちに演出と脚本の上手さに感心させられた。
芸人さんも沢山出てくるが、ちゃんと演技が上手い芸人さんしか本筋に使っておらず、さらにメインキャストもちゃんとした役者さんしか使っていないから、作品としてブレを感じない。
脚本自体が漫才のネタのようになっているのに、佐藤さんと石原さんが真顔で演じるから真実味が出てたし。
暴力がテーマの作品は嫌いだから観なかったけど『ドロップ』が予想外の大ヒットを記録したのも、これを観て納得。
それにしても新井浩之氏、今日もやっぱり悪い役。このまま悪役が定着しちゃうのかなあ。

|

« アメイジング・グレイス | トップページ | ソーシャル・ネットワーク »