« 私の愛、私のそばに | トップページ | 漫才ギャング »

アメイジング・グレイス

Amazinggrace
70点
原題:Amazing Grace(アメイジング グレイス)
公式HP:http://www.amazing-movie.jp/
試写会場:九段会館 (Movie Walker様、いつもありがとうございます)
監督:マイケル・アプテッド
出演:ヨアン・グリフィズ、ロモーラ・ガライ、マイケル・ガンボン、キーラン・ハインズ、ベネディクト・ガンバーバッチ、ルーファス・シーウェル、アルバート・フィニー
制作国:イギリス(2006年)

〈ストーリー〉
商人出身の政治家のウィリアム・ウィルバーフォース(ヨアン・グリフィズ)は、黒人奴隷船の廃止を訴え始めた。
大学時代からの友人で次期首相候補のウィリアム・ピット(ベネディクト・ガンバーバッチ)と協力して何度も貴族院の議員に訴えるが、カリブ海で奴隷を使って利益を出している富豪からの支援が欲しい議員はがんとして反対する。
長い間奴隷廃止に情熱を注ぎ込んだ末、ウィルバーフォースは体を壊し、医師の従兄宅で休養中に美しく政治に興味があるバーバラ・スープナー(ロモーラ・ガライ)と出会う。

<感想>
最初のクレジットでしょっぱなから、Youssou N'Dourの名前を見つけびっくり。彼って俳優もやってたのね。
しかもエンディング・クレジットで彼のボイス・トレーナーを発見して、Youssou N'Dourにボイス・トレーニングするなんて一体何者?と1人びっくりする。
そんなことは置いといて、肝心の本編だが、イギリスにも奴隷廃止運動があったなんて知らなかったため、結構おどろいた。その前にアメリカ映画だとばっかり思ってたし、『アメイジング・グレイス』もアメリカのアイルランド系移民が作った歌だと勝手に思ってて、知らないことだらけでびっくり。
それにしても2006年映画を何故今になって、上映するの?

〈感想〉

|

« 私の愛、私のそばに | トップページ | 漫才ギャング »