« ザ・タウン | トップページ | 死にゆく妻との旅路 »

エリックを探して

Lookingforeric
65点
原題:Looking For Eric(エリックを探して)
映画館:ヒューマントラストシネマ有楽町
監督:ケン・ローチ
出演:スティーヴ・エヴェッツ、エリック・カントナ、ジョン・ヘンショウ、ステファニー・ビショップ
制作国:イギリス、フランス、イタリア、ベルギー、スペイン(2009年)

〈ストーリー〉
マンチェスターユナイテッドの往年の大スター、エリック・カントナの大ファンだった郵便配達員エリック(スティーヴ・エヴェッツ)は、前妻が残していった養子のティーンエイジャー2人と同居中。
戸籍上は父親なので、生活の面倒は見ていたが、お互いの関係は冷え切っていた。
そんな中、最初の妻リリーとの間の娘サムが、大学卒業までエリックとリリーに娘の子守を頼んだことから20年ぶりに再開する2人。
エリックはリリーと結婚後、すぐに家を飛び出しリリー一人にサムを育てさせたことを後悔していたが、久々に会ったリリーにすっかり心を奪われてしまう。

<感想>
もうめちゃくちゃイギリスのローカルピープル向けに作られていて、イギリス人がどれだけサッカーが好きかとか理解していないと、この映画自体理解できないかも。
登場人物が普通すぎてて、ちっとも魅力を感じないし。
唯一楽しめたのが、一般市民が話すイギリス英語。こんな単語まで口を縦に開けるんだ~と、観ているそばから真似してしゃべってみた。
チネチッタでの上映がすぐに終わっちゃったのも納得。
チッタさん、最近アート系作品のチョイスがイマイチのような、、、。

|

« ザ・タウン | トップページ | 死にゆく妻との旅路 »