« アンストッパブル | トップページ | ソウル・キッチン »

モンガに散る

Monga
65点
原題:艋舺(「小船」という意味らしい)
公式HP:http://www.monga-chiru.com/
映画館:109シネマズ川崎(シアター6)
監督:ニウ・ チェンザー(鈕承澤)
出演:イーサン・ルアン(阮經天)、マーク・チャオ(趙又廷)、マー・ルーロン(馬如龍)、リディアン・ヴォーン(鳳小岳)
制作国:台湾(2010年)

〈ストーリー〉
時は1986年。台北の歓楽街、モンガに引っ越してきた蚊子(趙又廷)は、美容院を営む母親のもとに元恋人がやって来るようになったのが気に食わなかった。
蚊子は3回目の転校先の高校で、イジメにあっているところを和尚(阮經天)に助けられ、モンガのヤクザの息子・龍子(鳳小岳)がリーダーを務める5人のヤクザグループに身を投じる。
高校の同級生で対抗グループのリーダーの狗が龍子の彼女をレイプしたことに腹を立てたグループは、狗を脅かすつもりが、誤って死なせてしまう。このことからそれまで仲が良かった5人の絆が少しずつ崩れ始める。
(公開間もないため、ストーリーはここまで)

<感想>
台湾で大ヒットする映画って『海角七号』もそうだけど、日本人には理解できないものが多い。
この映画もそのひとつ。
途中でヤクザの親分が「俺は北京語も話せない」というセリフがあって、そういえば聴いているとみんな北京語じゃない言葉を話しているみたい。
一人だけ北京語を話す人が出て来て、その人の言葉とは明らかに違うのはわかるけど(「好 hao」とか言わない)。
つまり台湾語の映画だから台湾でヒットするんだとしたら、日本人には理解できないのはしょうがないと納得。
ヤクザと呼ばれる人は、韓国や台湾にもいるらしいが、この映画を観る限り、韓国のヤクザより台湾のヤクザのほうが日本と似てないみたい。
何故か映画に出てくる親分の名前が2人とも日本語("ゲタ"と"マサ")なのを見ると、多分日本のヤクザをマネているんだろうなあ。
ヤクザはみんな下駄か雪駄をはいているところを見ると、日本のヤクザよりもtraditionalかも。
主役はイーサン・ルアンということになっているが、どう考えても蚊子役のマーク・チャオの視点から描かれた映画。彼は家族も恋愛模様も描かれているし。彼女役のクー・ジャーヤン嬢、ちょっとグイ・ルンメイちゃんに似てた。
めちゃくちゃ早く流れるエンディングクレジットを頑張って見つめていると、途中で「特別演出 周杰倫」という文字発見。
最近、ジェイの名前に過敏になっているから、気のせいかと思って家で調べてみると、もともとジェイを主役にするつもりだったらしい。
そう考えてみると、2006年にジェイが作った『退後』のPVに似ているかも。
でもジェイを主演にすると色目で観られるから、彼が主役じゃないほうが純粋にヒットして良かったような気がする。

|

« アンストッパブル | トップページ | ソウル・キッチン »