« GANTZ | トップページ | レオニー »

バーレスク

Barlesque
80点
原題:Burlesque
公式HP:http://www.burlesque.jp/
試写会場:よみうりホール(by TOKOYO FM様、いつもありがとうございます)
監督:スティーブン・アンティン
出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、エリック・デーン、スタンリー・トゥッチ
制作国:アメリカ(2010年)

〈ストーリー〉
アイオワの田舎町から、歌手になる夢を見てハリウッドに来たアリ(クリスティーナ・アギレラ)。
「バーレスク」というショークラブで、ダンスショーを見て虜になったアリは、オーナーのテス(シェール)に雇ってくれるよう頼み込むが、あっさり無視される。
しかしあきらめきれないアリは、バーテンダーのジャックと知り合い、勝手にウェイトレスとして働き始める。
オーディションでなんとかダンサー役をつかんだアリだが、メインダンサーの嫌がらせを受け、とっさに歌い出してしまうが、、。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
クリスティーナ・アギレラって、こんなに普通に可愛いかったっけ?
以前テレビでライブ観たときはもっとケバかったような。素顔っぽい顔もどぎつい化粧でも何しても似合うカンジ。
観ている間は『ドリーム・ガールズ』と比べて、ストーリーがイマイチだと思ったけど、しばらく経つと良さが伝わって来る。
複雑なこと考えずに、たんにクリスティーナ・アギレラ演じる、純真な主人公の姿を観て楽しむといい。
それにしてもシェールって、本当にお化けみたいな存在。私が中学校の頃から有名人だったのに、いまだに第一線で歌うたってるなんて、すごい!!

|

« GANTZ | トップページ | レオニー »