« リミット | トップページ | 義兄弟 SECRET REUNION »

黒く濁る村

Kuroku_
75点
原題:이끼 (苔)
公式HP:http://kurokunigorumura.com/
試写会場:東映試写会(by シネマPause様、いつもありがとうございました)
監督:カン・ウソク
出演:パク・ヘイル、チョン・ジェヨン
制作国:韓国(2010年)

〈ストーリー〉
長年会っていなかった父が死んだという知らせを聞き、ソウルから遠い山間の村にやってきたヘグク(パク・ヘイル)。
村長(チョン・ジェヨン)を始め、その他の村人達は父の死因を聞くと、誰も答えない。
さらに自分が父の遺品を整理するまで村に滞在すると、みな一様にイヤな顔をする。
雑貨屋のユソン(イ・ヨンジ)の家に民泊することになったが、夜になると村人たちが入れ替わり立ち替わりユソンの部屋に入って行くのを目にする。
さらに、父が住んでいた村の倉庫には、秘密の地下道があるのを発見する。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
地下道の謎は最後までよくわからなかった。
それ以外も最後まで観てもわからない点が多数。
結構最後になるまで、若い頃強姦された少女がユソンだと気づかなかった。年齢合わなくない?
とはいうものの2時間41分という長さを感じさせない緊迫感。
韓国ではあまりいない正義感が強い検事の存在がいい。
ただ、翌日見た『義兄弟』と比べると、、、、。

|

« リミット | トップページ | 義兄弟 SECRET REUNION »