« クレアモントホテル | トップページ | バーレスク »

GANTZ

Gantz
80点
公式HP:http://gantz-movie.com/index.html
試写会場:JCBホール(via Nさん、いつもありがとうhappy02
監督:佐藤信介
出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之
制作国:日本(2010年)

〈ストーリー〉
就活中の計(二宮和也)は、ある日地下鉄の駅で小学校の同級生の加藤(松山ケンイチ)とともに電車にひかれて死んでしまう。
しかし死んだはずの二人がたどりついたのは、2LDKのマンションの一室。
そこには自分達同様、死んだはずの人間数人がいて、丸い玉から出て来た武器とともに悪者を倒す場所にトランスポートされる。
悪者を倒すまで生き延びた者は、採点され自宅に戻されるが、実はこのトランスポートが何度も繰り返されるのだった。
(公開まで間があるためストーリーはここまで)

〈感想〉
SFアクション物としては、ストーリーが面白くて、かなり楽しめた。
二宮クンと松ケンのダブル主演とのことだったが、パート1に限っていえば、二宮クンの一枚看板というカンジ。
『デスノ』のLみたいに後編でもっとすごい絡みがあるといいけど。
同じような戦いが数回繰り返され、さすがに3回めになると飽きてきたのが難点。
吉高由里子の出番も存在感も薄いが、この先よくなるのかな~。
さらにクレジットにある伊藤歩さん、お見かけしなかったんですが、出演されていたんでしょうか、、、。
ああ~ん、パートIIともども気になるわ~。

|

« クレアモントホテル | トップページ | バーレスク »