« インシテミル | トップページ | 国家代表!? »

アイガー北壁

Nordwand
80点
原題:NORDWAND(北壁)
公式HP:http://www.hokuheki.com/
映画館:キネカ大森
監督:フィリップ・シュテルツェル
出演:ベンノ・フュルマン、ヨハンナ・ヴォカレク、フロリアン・ルーカス、ウルリッヒ・トゥクール月
製作:ドイツ、オーストリア、スイス(2008年)

〈ストーリー〉
ベルリンの雑誌社で駆け出しの記者を目指すルイーゼ(ヨハンナ・ヴォカレク)は、幼馴染のトニー(ベンノ・フュルマン)とアンディ(フロリアン・ルーカス)が次々に前人未到の山の登頂に成功しているのが自慢だった。
ヒトラーの奨励で、アイガー北壁初登頂に成功したドイツ人は、この年開催されるベルリン・オリンピックで金メダルが授与される予定だった。
ルイーゼは故郷に帰ってトニーとアンディに会った際、2人が登頂に成功してくれるとルイーゼの記者としての名声も上がるとほのめかす。
命を第一に考えるトニーは慎重な姿勢だったが、ある日突然上ると言いだしアンディと一緒に仕事を辞めてスイスに向かう。
そこには各国の登山家が初登頂を目指そうとキャンプしていた。
上司とともにスイスに取材に行ったルイーゼは、そこでトニーとアンディに会い、2人が挑戦することを知る。
成功して欲しい反面、愛するトニーの命を心配するルイーゼ。
雨が上がって晴れた早朝、トニーとアンディはアイガーに登り始めた。

〈感想〉
非常に評判がいい映画だったが、事実に基づいたストーリーだけに容赦無い内容。
登山の大変さもわかるが、一体あんな絶壁でどうやって撮影したのか『剣岳』も目じゃないくらいすごい!
多分撮影クルーなど全員登山経験者だったんだろうなあ。
昔から日本アルプスで遭難者のニュースを聞いていた私は、登山する人の気持ちが全然わからないが、この映画は純粋に面白い。
ドイツ人とオーストリア人が精神的に戦う場面もリアルでいい。
それにしても、なんでああなっちゃったのかな。本当にオーストリア人の人、あんな風に無理をしたのかなあ。

|

« インシテミル | トップページ | 国家代表!? »