« 国家代表!? | トップページ | キャタピラー »

ゴースト もういちど抱きしめたい

Ghost
72点
公式HP:http://www.ghost-movie.jp/
試写会場:よみうりホール(bu シネマNAVI様、いつもありがとうございます)
監督:大谷太郎
出演:松嶋菜々子、ソン・スンホン、樹木希林、鈴木砂羽、橋本さとし、宮川大輔、黒沢かずこ(森三中)、松金よね子、樋田慶子、波岡一喜、嶋田久作、温水洋一
製作:日本(2010年)

〈ストーリー〉
7星野七海(松嶋菜々子)はやり手の女社長。ある日目覚めると見知らぬ男の家で裸で寝ていた。
男の名はキム・ジュノ(ソン・スンホ)。
同じ会社で七海の親友(鈴木砂羽)によると、前日パーティーで酔った七海がジュノをナンパしたらしい。
それから七海とジュノの交際が始まり、一年後に二人は結婚した。
しかし結婚後間もなく、引ったくりにあった七海は打ち所が悪く死んでしまう。
成仏出来ない七海は自分が死んだ理由を知り、ジュノに知らせようと霊媒師の運天(樹木希林)に依頼するが。
(公開まで間があるため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
前半の主役二人の恋愛部分は、くすぐったくなるほどベタでこのままこの調子だとどうなるのか不安になるほど。
でも樹木希林さんの登場でなんとか映画らしくなった。
超正統派ラブストーリーだったオリジナル版と比べると、ところどころにお笑いネタを盛り込んでちょっとふざけた感じ。
どうせ笑いを盛り込むなら、主役の二人も韓ドラ風にコメディーにして、オリジナルと違った味にすればもっとよかったのに。
ストーリーが大ヒット作のオリジナルとほぼ同じだから、先が読める客も多いだろうし、そこはひねって欲しかったなあ。
それでもソン・スンホ目当てのオバサマ連中は大泣きしてたので、ある意味キャスティングは成功かも。これで松嶋菜々子がもうちょっと若かったら完璧だったのに、惜しい(>_<)
もっと惜しいのは、韓ドラ・マニアを取り込もうと入れたと思われる韓国語のセリフ。
「サランヘヨ(愛しています)」という言葉に対する言葉が「アルゴイッソヨ(知っているところです)」って変じゃない?せめて「アラヨ(知っています)」か「アロ(知ってるわ)」にして欲しかったわ!!(<=今時、韓国語習得者が多い中でこのセリフはナメとんかい!?)

|

« 国家代表!? | トップページ | キャタピラー »