« 信さん・炭坑町のセレナーデ | トップページ | マザーウォーター »

怪盗グルーの月泥棒 3D

Despicable_me
80点
原題:Despicable Me (卑劣な俺)
公式HP:http://www.tsukidorobou.jp/
映画館:TOHOシネマズ錦糸町(スクリーン7)
監督:ピエール・コフィン、クリス・ルノー
出演:笑福亭鶴瓶、芦田愛菜、山寺宏一
製作:アメリカ(2010年)

〈ストーリー〉
エジプトからピラミッドが盗まれた。
犯人だと思われたのは怪盗グルー(笑福亭鶴瓶)。
しかし今まであらゆる大物(?)を盗んで来たグルーはピラミッド泥棒の犯人ではなかった。
ピラミッドよりも、もっと大きな物を盗みたいグルーが狙うのは月。
そのためには、東アジアの一国で開発中の「縮み光線銃」が不可欠だった。
うまく銃を盗み出したグルーだったが、ピラミッド泥棒のベクター(山寺宏一)に銃を盗まれてしまう。
ベクターから銃を取り返すべく、孤児院から3人の少女を引き取ったグルーだったが、今までの冷酷で意地悪な性格が子供たちのためにすっかりペースがくるってしまう。
(公開間もないため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
ストーリーは万国共通だけど、ビジュアル的には完ぺきにアメリカンで、元々アメリカ好きな私は音楽ともども相当楽しめた。
孤児院の子供がクッキーを売りに行くっていう設定が日本にないから、当然Adoptした子供を普通に使うっていう発想もない。
でもadoptした子供を本当に愛しちゃうっていう心温まるDespicableな主人公は、やっぱり素敵。
大人も子供も普通に楽しめる一品!!

|

« 信さん・炭坑町のセレナーデ | トップページ | マザーウォーター »