« ミレニアム2 火と戯れる女 | トップページ | おにいちゃんのハナビ »

雷桜

Raiou
71点
公式HP:http://raiou.jp/news/index.html
試写会場:TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7(by 東宝様、いつもありがとうございます)
監督:廣木隆一
出演:岡田将生、蒼井優、小出恵介、柄本明、時任三郎
製作:日本(2009年)

〈ストーリー〉
徳川将軍・家斉の十七男で清水家の当主・斉道(岡田将生)は、幼い頃、気がふれた母親から受けた虐待のため、心身に病を持っていた。
養生先に選ばれたのは、家臣で島中藩の庄屋の息子・瀬田助次郎(小出恵介)の故郷の瀬田村。
村に向かう途中で、飼っていた鷹が逃げ出し、追いかけた斉道は、天狗のような少女・雷(蒼井優)と出会い、一目で恋に落ちる。
山で親方(時任三郎)と2人で平和に生きていた雷は、実は小さい頃天狗にさらわれた助次郎の妹の遊だった。
(公開まで随分時間があるため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
予告編を見て、すっごいすっごい期待していたわりには、そこまでではなかった(こんなことなら2通も当たっていた『おにいちゃんのハナビ』に行くんだった~とちょっと後悔)。
そこで何が良くなかったかを分析。
まず、何故斉道と雷が恋に落ちたかの理由がはっきりしない。
2番目に、雷がすんなり遊にもどってしまうのが、やっぱり難解。
雷がある意味、自分の敵でもある親方様をそこまで慕う理由も映画の中で描かれていないし、雷が結果的に○○になってしまうというストーリーが読めてしまうのも不満。

色々疑問な点があっても『ちょんまげぷりん』みたいに、最後にカットされた場面を一挙公開してくれたら納得できたかも。あの手法ってやっぱりすごい。

それはさておき、今日見逃した『おにいちゃんのハナビ』主演の高良健吾クンが冒頭から出て来て、ちょと嬉しかった。
でもでも、こ、、こ、これだけ~?

完成披露試写会で観たから、岡田クン、蒼井優ちゃん、柄本明さん、監督の舞台挨拶があった。
岡田クン、ハンカチ王子みたいに汗ふきふきしている姿が可愛い~。
「今回、蒼井優さんと共演されていかがでしたか?」みたいに伊藤さとりさんに聞かれてたけど、この2人、短いけど『ホノカアボーイ』でも恋人役やってたでしょ?
そのことには一切ふれず、ちょっと不満。
さらに、映画が終わった後、劇場内の『悪人』のポスターを観たら、やっぱり岡田クンと柄本さんが一緒に映ってた。な~んだ、2人はよく共演されているんじゃないですか~!!
それにしても舞台挨拶で、「キスシーンがあるのに、朝、納豆食べて」って話を岡田クンがしてたため、キスシーンがあるたびに、納豆を思い出してしまった。
やっぱり舞台挨拶は、上映後に限るよね~。

|

« ミレニアム2 火と戯れる女 | トップページ | おにいちゃんのハナビ »