« オカンの嫁入り | トップページ | ミレニアム2 火と戯れる女 »

キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争

Catsdogs2
点数:75点
原題:Cats and Dogs 2 (猫と犬2)
公式HP: http://wwws.warnerbros.co.jp/catsdogstherevengeofkittygalore/index.html
映画館:TOHOシネマズ錦糸町(スクリーン7)
監督:ブラッド・ペイトン
出演:クリスティナ・アップルゲイト、マイケル・クラーク・ダンカン、ニール・パトリック・ハリス、ショーン・ヘイズ、ジェームズ・マーズデン、ベット・ミドラー、ニック・ノルティ、ジョー・パントリアーノ、カット・ウィリアムズ、クリス・オドネル、ジャック・マクブレイヤー、フレッド・アーミセン、ポール・ロドリゲス
製作:アメリカ(2009年)

〈ストーリー〉
警察犬のディックスは、相棒のシェーンと抜群の相性。しかしディックスの難点は、人の言うことを聞かずに自分勝手に行動してしまうこと。
今回の事件でも無事犯人を取り押さえたものの、建物を爆破してしまい、警察から解雇され施設行きに。
そんなディックスに目をつけたのは、犬界の秘密エージェンシー。
エージェンシーは、犬を狂わせ人間と仲たがいさせようとたくらむキティ・ガロアの行方を捜すため、ディックスをエージェンシーに雇い入れた。
(公開後間もないため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
なんで猫っていつも映画の中じゃ悪者なの?って声が多いのか、今回は人間の味方の猫が犬と結託して人間を助けるっていう、超人間よりのストーリーになってたみたい。
犬とか猫の素の表情が可愛いのに、CGで顔がゆがむのはいた仕方ないのか、大きい犬ほどゆがみが少なく、小さい犬や猫は元の表情が崩れまくって結構醜かった。
それはさておき、ストーリー自体は大人でも十分楽しめる内容。
犬や猫は人間を守るために、悪と戦わなくてはいけないという、アメリカ帝国主義の思想が世界の人々に十分知れ渡る内容だった。
実は同時上映の『ロードランナーとワイリーコヨーテ』がかなり面白くって、多分これを観れるだけでも試写会じゃなくて映画館に足を運ぶべきって感じた。
こうゆうセリフがなくても楽しめるアニメって最近日本ではテレビで観れないもんね。『トムとジェリー』が恋しいなあ。

|

« オカンの嫁入り | トップページ | ミレニアム2 火と戯れる女 »