« 川の底からこんにちは | トップページ | マイ・ブラザー »

シーサイドモーテル

Seaside_motel
80点
公式HP:http://www.seaside-motel.net/
映画館:TOHOシネマズ川崎(4)
監督:守屋健太郎
出演:生田斗真、麻生久美子、山田孝之、成海璃子、玉山鉄二、柄本時生、温水洋一、古田新太、小島聖、池田鉄洋、山崎真実、赤堀雅秋、ノゾエ征爾
製作:日本(2010年)

〈ストーリー〉
インチキ化粧品のセールスマン(生田斗真)は、ノルマ達成できず、片田舎のモーテルにチェックインしたばかり。なのに頼んでもいないデリヘル嬢(麻生久美子)がキャンディーと称してやってきた。
下の部屋では、最近夫婦生活がうまくいかない夫(古田新太)が、エマニュエル夫人の格好をした妻(小島聖)がコスプレプレイをしていた。
さらに別の部屋では、ベルギーの猫祭りに行きたい女(成海璃子)と、借金まみれで賭けごとが好きな男(山田孝之)が、ヤクザ(玉山鉄二と柄本時生)から脅迫されていた。
(公開間もないためストーリーはここまで)

〈感想〉
私的にはかなり面白かったが、万人受けするかどうかは微妙。
各部屋のゲストが最後に一つにくっつく『アモーレス・ペロス』みないた作りになっていたら、さらに芸術的作品になっていたかも。
そうじゃなくても、豪華な出演者に、派手な演技で、日本人なら十分楽しめる。

|

« 川の底からこんにちは | トップページ | マイ・ブラザー »