« クレイジー・ハート | トップページ | 天国への郵便配達人 »

座頭市 THE LAST

75点
公式HP:http://www.the-last-1.jp/
映画館:TOHOシネマズ川崎(6)
監督:阪本順治
出演:香取慎吾、石原さとみ、反町隆史、倍賞千恵子、仲代達矢
製作:日本(2010年)

〈ストーリー〉
目が見えないやくざもんの市(香取伸吾)は、妻・タネ(石原さとみ)のために今度が最後と人を斬りに出かけた。
市が心配になり駆けつけたタネは、通りがかりの若者が市を殺そうとして巻き添えになって死んでしまう。
ボロボロになった市がたどり着いたのは、かつてのヤクザ仲間・(反町隆史)の住む村に行き、昔の望みどおり百姓になろうと努力する。
しかしその村に、ある日天龍一家というヤクザがやってきてから、村の秩序がめちゃくちゃになってしまった。
村の人々のためになんとかしようと自らかってでた市だったが、それが裏目に出て、、、、。
(公開間もないため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
高岡蒼甫氏目当てで見に行った。出番的には多くも無く少なくも無いが、役的には美しかった。
それより、昨日の『笑っていいとも』で出演した反町氏がネタバレしちゃったものだから、先が読めてしまい、ちょっとマイナス。重要な部分は公開前に絶対ネタバレしないで欲しい。
座頭市ものを見たのは初めてだが、あれで本当に目が見えないとしたら、すごい運動能力+勘の持ち主。
監督の力なのか、映像が結構きれいで、出演者もわりと豪華で、最初は香取伸吾モノかと色眼鏡で観ていたが、後半からはそんなことかまわず楽しめた。
普段時代劇を見ない世代の方にも、お勧め。

|

« クレイジー・ハート | トップページ | 天国への郵便配達人 »