« RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 | トップページ | 獄(ひとや)に咲く花 »

息もできない

Breathless
78点
原題:똥파리(銀バエ)
公式サイト: http://www.bitters.co.jp/ikimodekinai/
映画館:シネマライズ渋谷
監督:ヤン・イクチュン
出演:ヤン・イクチュン、キム・コッピ、イ・ファン
製作:韓国(2008年)

〈ストーリー〉
借金取りのサンフン(ヤン・イクチュン)は、「このクソ野郎」が口癖の暴力的な行動ばかり取る男。
4歳年上の社長にもタメ口をきき、後輩たちをすぐ殴るので、後輩からも嫌われていた。
それでも内心は単純ないいやつで、離婚して生活が苦しい姉やその息子を心配して、しょっちゅうお金を渡していた。
いつものように甥っこに小遣いを渡した後、たまたま女子高生のヨニ(キム・コッピ)にツバを飛ばしたことから、ヨニからタメ口でいいようにあしらわれるようになる。
サンフンは、過去に父親の家庭内暴力が原因で姉と母親を亡くし、姉を殺した父親を極端に恨んでいた。
ヨニも、暴力的で学校にも行かず仕事もしない弟と、気がふれた父親と3人暮らし。家賃も払えず家から追い出されるような極限的な状態にあった。
お互いの名前すら知らないのに、どこかしら共通点があるサンフンとヨニは、ソウルメイトのように親しくなるが、、、、。
(まだ全国的に未公開のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
前評判がめちゃくちゃ高いから、すごい観たくて平日の空いていそうな時間に観に行った。
なのに、やっぱり渋谷という土地柄か、混んでて、私の列は1列びっしり。だから都会の映画館は嫌いなのよねweep
両隣にちょっと変なおじさんがいたせいか、隣のおっさんはめっさ泣いているのに私はそこまで共感できず、確かに胸にキュンと来るものはあるけど、似たような共感度的には『グッバイ、レーニン!』のようには私の涙腺を刺激しなかったな。
だいたい韓国って、なにで人間の命があんなに軽いのかしら?
犯人捜せっつーの。

|

« RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 | トップページ | 獄(ひとや)に咲く花 »