« ウルフマン | トップページ | 17歳の肖像 »

トロッコ

Torocco
60点
公式サイト: http://www.torocco-movie.com/
試写会場:サイエンスホール(by cinemacafe様、Pause様、いつもありがとうございます)
監督:川口浩史
出演:尾野真千子、原田賢人、大橋喬一、ホン・リウ、チャン・ハン、メイ・ファン
製作:日本(2009年)

〈ストーリー〉
亡くなった夫の位牌を持って、夫の故郷・台湾に来た夕美子(尾野真千子)。
夫の忘れ形見のアツシ(原田賢人)とトキ(大橋喬一)には、初めての台湾だった。
夫に先立たれ、幼い子供二人を女手一つで育てて行くのは辛いだろうと、義理の両親や弟は気遣かってくれるが、夕美子は今まで生きてきた人生を後悔していた。
(公開までまだ間があるため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
当初、母親が何故あんなにイライラしているのか、長男が何故キカズなのか全く理解出来なかったが、終盤のセリフでようやく理解出来た。
あんなに日本っぽい集落が今だに存在するのか、床に座ってご飯食べる習慣があるのか疑問。
さらにおじいちゃんと孫の年齢が離れ過ぎてて、舞台が1980年代か、せめて90年代にしないとおかしいが、子供がニンテンドーDS持ってるから、嫌でも21世紀だとわかってしまう。
おじいちゃんもお父さんも40代で子供授かったという設定で納得しよう。
風景は綺麗だけど、台湾人の意識が全く取り入れられてないと思われる日本人よがりなお話。『海角七號』をちょびっと取り入れるとよかったかも。
メイ・ファンさんの日本語がお上手でびっくり。日本語教育受けた世代でいらっしゃるのかしら?

|

« ウルフマン | トップページ | 17歳の肖像 »