« オーケストラ! | トップページ | 第9地区 »

シャッター アイランド

Shutterisland
90点
原題:Shutter Island(閉ざされた島)
公式HP:http://www.s-island.jp/
映画館:TOHOシネマズ六本木
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングスレー
製作:アメリカ(2009年)

〈ストーリー〉
FBIの捜査官テディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、シャッターアイランドと呼ばれる精神異常犯罪者収容所に調査にやってきた。
完全に閉鎖された部屋から1人の女性が消えた事件の調査にやってきたのだ。
同僚のチャック(マーク・ラファエロ)とともに調査を進めるが、関係者の誰もが口裏を合わせたように同じ証言をする。
そうするうちにテディは、頭痛がひどくなり、死んだ妻の幻覚を観るようになる。
(公開間もないためストーリーはここまで)

〈感想〉
さすがよく出来た映画。
最初から最後まで、一瞬たりともスクリーンから目が離せなかった。
字幕に集中すると、画面にある色々なヒントを見逃すというので、なるべく字幕を見ないようにしていたが、画面というよりも話の進み方から、なんとなく結末が予測できた。
しかし、最後の最後で、やっぱり真実は何なのかわからなくなって、マーティン・スコシッジはすごいと思ったが、やっぱり真実が知りたい!!!
私は、出だしのあたりが真実だと思うんだけど、、、、。

|

« オーケストラ! | トップページ | 第9地区 »