« ダーリンは外国人 | トップページ | ファイナル・デス・ゲーム »

カケラ

Kakera
70点
公式サイト: http://www.love-kakera.jp/index.html
映画館:ユーロスペース
監督:安藤モモ子
出演:満島ひかり、中村映里子、永岡祐、光石研、根岸季衣、志茂田景樹、津川雅彦、かたせ梨乃
製作:日本(2009年)

〈ストーリー〉
大学生のハル(満島ひかり)は、二股をかけている彼氏(永岡祐)にとって会ってセックスするだけの都合のいい女。
こんな生活から抜け出したいと思いながらも中々抜け出せずにいたある日、喫茶店でリコ(中村映里子)から声をかけられ、突然好きだと言われる。
今までレズっ気がなかったハルは正直面食らうが、悪い気がせず、リコと会うようになる。
リコの職業はメディカルアーティストと言って、体の一部を失った人に、本物そっくりの手やオッパイなどを作る仕事。
ハルと会うようになったリコは、ハルが他の男と口をきくだけで嫉妬心丸出しになり、さらに彼氏とまた寝てしまったハルを激しくののしるが、、、、。
(まだ全国的に未公開のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
『キネマ旬報』で『プライド』並みに絶賛されていたので、期待して観に行った。
、、、が、、、、途中で席を立って出て行ったおっさんもいたくらい、理解しがたい人には理解できないかも。
私はかろうじて理解できたけど、結局何が言いたいのか、よくわからない。
普通の女の子が持っている、うじうじした部分を突然やって来た生理みたいなもので表してんのかなあ。
トイレでタンポン入れている姿とか、ナプキンをパンツに張り付けるシーンを見たら、普通のおっさんはびっくりするだろうなあ。
でも、男だって女の知らないところでもっとひどいことしてるのかなあ。
女性が作ったガールズムービーじゃなくて、男性が作った男の情けない部分を表したボーイズムービーもあればいいのに、、、。
ところで、満島ひかりちゃん目当てで観に行ったけど、リコちゃん役の中村映里子ちゃんのほうが、役柄のせいか目立ってたよね。モデルばりにスタイルいいし、顔も可愛いし、色白だし、、、、。今後に期待です。

|

« ダーリンは外国人 | トップページ | ファイナル・デス・ゲーム »