« シャッター アイランド | トップページ | のだめカンタービレ 最終楽章 後編 »

第9地区

District9
70点
原題:Distroct 9(地区9)
公式HP:http://d-9.gaga.ne.jp/
映画館:TOHOシネマズ錦糸町
監督:ニール・ブロムカンプ
出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームス、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド
製作:アメリカ(2009年)

〈ストーリー〉
ある日突然南アフリカのヨハネズブルグ上空に現れた巨大宇宙船。
壁に穴を開け中に入ってみると、栄養失調で今にも倒れそうなエイリアンが多数乗っていた。
人道的に放っておくわけにもいかず、難民キャンプを作ってエイリアンを住まわせたが、人間の常識が通用しないエイリアンにとまどう人類。
エイリアンが地球に飛来して20年がたった今、MNUという連邦組織の代表として選ばれたヴィカス(シャルト・コプリー)は、エイリアンを新しい居住地に移すと称して、エイリアンが持っている武器を押収する役目を担った。
ほとんどのエイリアンは働き蜂のように無能だったが、中に有能なエイリアン、クリストファー・ジョンソンがいて、20年かけて宇宙船を動かす燃料と機械を開発し続けていた。
しかしヴィカスは、その燃料を体に浴びてしまい、体にある異変が起き始め、、、、。
(公開間もないためストーリーはここまで)

〈感想〉
『ET』の大人版みたいなカンジだけど、いかにもリアルっぽくインタビューに答える人をいっぱい出しているところが現代映画っぽかった。
ってゆーか、あれって何を言いたかったのかなあ。
人間は自分と異質なものを一か所に集めて、隔離したがって、かつ平気で殺しちゃうってことかなあ。
つまりイスラエルのパレスチナ問題を比喩しているのかとかんぐってしまった。
同じアフリカ大陸が舞台だし。
ってゆーか、なんでヨハネスブルグなの?
南アフリカが映画の『ツォツィ』みたいな国だとすると、エイリアンどころか普通の人間ですらまともに歩けないような国なのに、、、、。
それに、なんでこんなに私ですら予告編見たことないような映画が、興行成績2位なわけ?今日も平日昼間なのに結構お客さん入ってたし、どこで宣伝してたんだろう?

|

« シャッター アイランド | トップページ | のだめカンタービレ 最終楽章 後編 »