« ソラニン | トップページ | 渇き »

フィリップ、きみを愛してる!

Phlip
71点
原題: I Love You Philip Morris(フィリップ・モリス、君を愛している)
公式サイト: http://iloveyou.asmik-ace.co.jp/
会場:渋谷シアターTSUTAYA(by TSUTAYA様、いつもありがとうございます)
監督:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
出演:ジム・キャリー、ユアン・マクレガー、レスリー・マン、ロドリゴ・サントロ
製作国:フランス(2009年)

〈ストーリー〉
スティーブン・ラッセル(ジム・キャリー)は、心神深い妻と可愛い娘と暮らす警官。
しかし警官になったのは、自分を捨てて養子に出した母親を捜し出すためだった。
ある日、交通事故に遭ったことをきっかけにゲイであることをカミングアウトし、好きな男と暮らし始めるスティーブン。
しかし生活費を稼ぐために保険金詐欺を働いた彼は、刑務所に送られ、そこで運命の男フィリップ・モリス(ユアン・マクレガー)に一目惚れする。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
まずEurope Corp. というフランスの配給会社で、びっくり。さらに、男根の描き方など、今までのアメリカ映画にない表現方法なので、いくらジム・キャリーが出ているとは言え、これはアメリカ映画ではないなと思ったら、やっぱりフランス映画だったのね。納得。
ジム・キャリーの演技がコミカルだから悲壮感が出ないけど、実在するラッセル氏を別の視点でサスペンス風に描くと、全然違う作品が出来上がると思う。
ユアン・マクレガーがオカマみたいなゲイ役をやってて、アメリカにも女役のゲイがいるんだと感心。

|

« ソラニン | トップページ | 渇き »