« 誰かが私にキスをした | トップページ | 狙った恋の落とし方。 »

スイートリトルライズ

Sweetlittlelies
65点
公式サイト: http://www.cinemacafe.net/official/sweet-little-lies/pc.html
映画館:川崎チネチッタ(チネ10)
監督:矢崎仁司
出演:中谷美紀、大森南朋、池脇千鶴、小林十市
製作:日本(2010年)

〈ストーリー〉
テディベア人形制作家の瑠璃子(中谷美紀)は、IT系サラリーマンの聡(大森南朋)と結婚して3年になる。
聡は、結婚していても何故か瑠璃子と距離を置き、一人で部屋にかぎをかけてゲームに浸る時間が長い。
なんとなくしっくり行かない瑠璃子は、自分の個展に来た男性・春夫(小林十市)とお互い惹かれあい、逢瀬を重ねるようになる。
一方の聡も、大学のサークルの後輩しほ(池脇千鶴)と同窓会で再会し、しほの積極的なアプローチもあって、肉体関係になる。
お互い浮気をしながらも、家では普通の夫婦を装う二人。
ウソをつくのは、守りたいものがあるから。あなたにはウソをつけない、と春夫に残酷な言葉を投げかける瑠璃子だったが、、、。
(公開間もないためストーリーはここまで)

〈感想〉
『サヨウナラ、イツカ』同様、主演女優が違うカンジ。
池脇千鶴ちゃんですら濡れ場シーンをやっているのに、中谷美紀さんは終わった後の場面ばかり。
よくわからないけど、主婦の欲求不満を表すには物足りない。
作品そのものとはまったく関係無いが、ダイビングシーンで数々の間違いがあるのがすごい気になった。
まず池脇千鶴ちゃんがバックロールでボートからエントリーする場面。ゲージやオクトを膝にはさんでボートのヘリにひっからないようにするのが常識なのに、一体どんな方がスタントされたのか存じませんが、今にもヘリにひっかかりそうで、心配しちゃった。
さらに夏の場面なのに、海の中はカジメだらけ。このカジメの成長ぶりからすると、多分水温は16度くらいで、ウェットで潜れる水温じゃないでしょう。どう考えても。
さらに、ダイビング後、ホテルのベランダにウェットスーツを干す場面。ウェットスーツを思いっきり洗濯バサミではんさんでいる。これは絶対禁止sign03ウェットの気泡がつぶれちゃうでしょう。
スポーツの場面ではそれぞれ監修者がいるはずなのに、なんでこんな素人目に???な場面がオンパレードになったのか、疑問です。

|

« 誰かが私にキスをした | トップページ | 狙った恋の落とし方。 »