« ソフィーの復讐 | トップページ | コララインとボタンの魔女 »

猿ロック THE MOVIE

Saru_lock
70点
公式サイト: http://saru-movie.jp/index2.html
試写会場: 中野サンプラザ(by TOHO様、キネマ旬報様、いつもありがとうございます)
監督:前田哲
出演:市原隼人、芦名星、渡部豪太、高岡蒼甫、比嘉愛未、小西真奈美、光石研、西村雅彦、國村隼
製作国:日本(2010年)

〈ストーリー〉
とある銀行で、人質立てこもり事件が発生し、猿(市原隼人)は、警官に昇格した山本(高岡蒼甫)から依頼されて、銀行の裏口の解錠作業を行っていた。
そこでたまたまみかけた人質の美女・マユミ(比嘉愛未)から依頼を受けて、あるスポーツクラブの金庫のカギを開けにいった猿は、そこから何者かに追われ始める。
(公開まで間があるため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
高岡蒼甫氏を拝みたい一心で、完成披露試写会で観て来た。
高岡氏は、めちゃくちゃ美しくなっていたけど、映画はドラマ以上でも以下でもなく、まああのノリ。
キャリアの署長役で、小西真奈美氏が出てたけど、数年前『天使の卵』で市原隼人氏と恋愛する役やっていたので、どうしてもそのイメージがつきまとっちゃって、今にも小西真奈美氏に鞍替えするんじゃないかと、勝手に一人で妄想してしまった。
市原隼人クン、とっても人気が出て、大作に出るようになったのはいいけど、やっぱり『神様のパズル』ぐらいの作品のほうが合っているような気がする。というか、そっちのほうが彼の良さがよく出ると思う。
ともかく、顔のドアップをあの大スクリーンで映されると、、、、。まあきれいだからいいけど、本当は顔よりも演技が売り物の俳優さんだよね。
映画は、「海猿」もびっくりの演出で、まあそこそこ楽しめるから、ドラマが好きだった方は観てもいいかも。

|

« ソフィーの復讐 | トップページ | コララインとボタンの魔女 »