« コララインとボタンの魔女 | トップページ | 恋するベーカリー »

過速スキャンダル

Kwasok_scandal
原題: 과속스캔들(過速スキャンダル)
80点
公式サイト: http://kasoku-scandal.jp/
特別上映会場: 中野サンプラザホール(by シネマNAVI様、いつもありがとうございます)
監督:カン・ヒョンチョル
出演:チャ・テヒョン 、パク・ボヨン、ワン・ソクヒョン、ファンウ・スレ
製作国:韓国(2009年)

〈ストーリー〉
人気DJのナム・ヒョンス(チャ・テヒョン)は、ファン・ジョンナム(パク・ボヨン)と称するシングル・マザーのリスナーからの相談に、長い間応えていた。
「自分の子供も父親がいないが、自分自身も一度も父親を見たことがない」というジョンナムの相談に、「父親に阿会いに行くべきだ」と答えるヒョンス。
その放送があった夜、突然見知らぬ女と子供が、ヒョンナムのアパートにやってくる。
その女は、ラジオで長い間相談に乗っていたジョンナムだったのだ。
娘だけでなく、いきなり孫までできたヒョンスの生活のリズムは狂いっぱなしだたが、、、。
(公開まで間があるため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
さすが韓国で大ヒットしたコメディ映画だけに、ストーリーも展開も相当面白い。
ってゆーか、チャ・テヒョン氏が出ているだけで、面白い。
彼って、いわゆる韓流イケメンではないけど、コメディ映画ではすごい存在感。
30代で、いきなり子供が出てくる話は今まであったが、孫まで出てくるのは無かった。
若くして子供ができるのも韓国っぽい。晩婚化の日本じゃありえないもんね。
父親の権威が日本と違って、今でも生きているからこそ笑えるコメディになっている。
なんでこんなに面白い映画なのに、東京ですらたったの3館しか上映がないのかな?
かつても韓流ブームは無いにしても、普通の単館系外国映画並みの上映館があればいいのに。売れるものも売れなくなってしまう。

|

« コララインとボタンの魔女 | トップページ | 恋するベーカリー »