« パレード | トップページ | すべて彼女のために »

バッド・ルーテナント

Badlieutenant
原題:Bad Lieutenant : Port of call new orleans (悪い上司:ニューオーリンズを呼ぶ港?)
68点
公式サイト: http://bad-lieutenant.jp/pc.html
試写会場:ヤクルトホール(via R様、いつもありがとうございます)
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
出演:ニコラス・ケイジ、エヴァ・メンデス、ヴァル・キルマー
製作国:アメリカ(2009年)

〈ストーリー〉
ハリケーンが襲った監獄から、囚人を助けた功績で昇進したテレンス(ニコラス・ケイジ)の裏の顔は、麻薬を犯罪者から取り上げて自ら使う麻薬中毒者。
高級コールガールの恋人・フランキー(エヴァ・メンデス)と仲良く麻薬をやっていたが、フランキーの客ともめたことから、どんどん立場が悪くなっていく。
さらに、セネガル移住者の麻薬密売人一家皆殺し犯を追いかけるうちに、さらに追い込まれていく。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
試写会の回数が少ないせいか、満席な上に、座れない人のために係員が席を探して、開映時間が遅くなってしまった。
で2時間以上ある映画で、暗い映画、心もまぶたも暗くなってしまった。
こんな暗いニコラス・ケイジを観たのは初めて。

|

« パレード | トップページ | すべて彼女のために »