« 台北に舞う雪 | トップページ | 花のあと »

ニューヨーク,アイ ラブ ユー

Nyiloveyou
72点
原題:New York, I Love You (ニューヨーク、好きだ)
公式サイト: http://www.ny-love.jp/
映画館:シネスイッチ銀座(チネグランデ)
監督:ファティ・アキン、イヴァン・アタル、アレン・ヒューズ、岩井俊二、ジョシュア・マーストン、シェカール・カプール、ミーラー・ナーイル、ナタリー・ポートマン、ブレット・ラトナー、チアン・ウェン
出演:オーランド・ブルーム、クリスティーナ・リッチ、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、シャイア・ラブーフ、レイチェル・ビルソン、マギー・Q、ロビン・ライト・ペン、ジェームズ・カーン、ジョン・ハート、アンディ・ガルシア、ケヴィン・ベーコン、イーサン・ホーク
製作国:アメリカ(2008年)

〈ストーリー〉
1.スリの男(ヘイデン・クリステンセン)は、街で見かけた美しい女性(レイチェル・ビルソン)を追いかけパブに入る。
その女性をくどいていると、その女性は先ほど財布をすった男(アンディ・ガルシア)と待ち合わせしているところだった。その男はいつの間にか、スリから財布をスリ返していた。
2.インド人が経営するダイアモンド店に、ダイアモンドを買いに来た女(ナタリー・ポートマン)と価格交渉する。女は、数日後結婚式を迎えるが、自分の夫にインド人経営者を映す。
3.アパートに引きこもって、アニメの主題歌を作成する男(オーランド・ブルーム)は、マネージメントをする女性(クリスティーナ・リッチ)と電話でしか会話してことがなく、デートに誘っても断られ続けていた。
その他9編。
(公開間もないためストーリーはここまで)

<感想>
短編のオムニバスかと思ったら、各話の間につなぎの話があって、普通のオムニバスのように話がぶった切れなくて見やすかった。
短編としていいなと思ったのは、イーサン・ホークがマギーQをくどく話と、シャイア・ラブーフが足が悪いホテルの従業員をしている話。トランスフォーマーの少年のイメージが強かったが、演技が本当に上手でびっくり。
その他、全然知らなかったがスー・チーが突然出てきて、びっくり。
彼女って香港や台湾映画に出るより、欧米の映画に出たほうが美しさが引き立つと思う。いつもみたいに濃いメークをしていないのに、やっぱり綺麗!

|

« 台北に舞う雪 | トップページ | 花のあと »