« 飛べ、ペンギン | トップページ | ハート・ロッカー »

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々

Percyjackson
74点
原題:PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS: THE LIGHTNING THIEF (パーシー・ジャクソンとオリンポス:稲妻泥棒)
公式サイト: http://movies.foxjapan.com/percy/
試写会場:東京ドームシティシアターGロッソ(via A様、いつもありがとうございます)
監督:クリス・コロンバス
出演:ローガン・ラーマン、ユマ・サーマン、ピアース・ブロスナン、ショーン・ビーン
製作国:アメリカ(2010年)

〈ストーリー〉
パーシー・ジャクソン(ローガン・ラーマン)は、母親(キャサリン・キーナー )がグータラな男と一緒に住んでいることが理解できなかった。
しかし、それにはある理由があったのだ。
全能の神ゼウス(ショーン・ビーン )は、かみなりをポセイドン(ケヴィン・マクキッド)の息子が盗んだのではないかと疑っていた。
実はパーシーはポセイドンの息子だったのだ。
〈公開前のため、ストーリーはここまで〉

〈感想〉
吹替版で観た。
ハリー・ポッターみたいな夢いっぱいの冒険物語で、どちらかというと子供向けの映画。
多分、第二作、三作と続きそうな勢い。
キスシーンすらない、完璧なファンタジーストーリーで、全世界のファミリーが安心して観ていられる作品。

|

« 飛べ、ペンギン | トップページ | ハート・ロッカー »