« 過速スキャンダル | トップページ | パレード »

恋するベーカリー

Koisuru
原題:It’s complicated(複雑なの)
78点
公式サイト: http://koibake.com/
試写会場:有楽町朝日ホール(by TSUTAYA様、いつもありがとうございます)
監督:ナンシー・マイヤーズ
出演:メリル・ストリープ、スティーブ・マーティン、アレック・ボールドウィン
製作国:アメリカ(2009年)

〈ストーリー〉
人気ベーカリーを経営するジェーン(メリル・ストリープ)は、十年前に離婚してから、女手ひとつで3人の子供を育ててきた。
末の娘が大学進学とともに家を出て、本格的にひとりぼっちになり、心に寂しい風が吹いていた。
2番めの子供の大学卒業式で訪れたニューヨークのホテルで元夫のジェイクとすっかり意気投合し、一晩を共にしてしまう。
しかし、ジェイクには、若い妻と幼い子供がいて、いくら元夫とは言え不倫関係になってしまったことにひどく悩むジェーン。
それとは反対に、すっかりジェーンの魅力にはまったジェイクは、このまま関係を続けたがるが。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
いい年をした男女の恋愛物語は、今までも散々あったが、この映画は、いままでで1番よく出来ている。
役者も設定もいいが、いくつになっても人間の心は進歩しないという、教訓がいい。
一度離婚したカップルは何らかの理由があって一緒にいられなくなったのに、それを忘れてまた同じ相手と恋に落ちてしまう。
というよりも、二人の気持ちが終わっていなかったのが問題だったのだ。
結婚したことが無い人は、視点が違うかもしれない。
大人の恋愛を描いた作品としても最高かも。
そういえば、メリル・ストリープって『マンマ・ミーア』でも恋するおばさん演じてたっけ。
若い頃は恋する役は少なかったのに、なんで還暦あたりで恋する役?
彼女の持つ才野ゆえか。

|

« 過速スキャンダル | トップページ | パレード »