« 50歳の恋愛白書 | トップページ | ソフィーの復讐 »

抱擁のかけら

Ambrazos_rotos
原題: Los Ambrazos Rotos(壊れた抱擁)
85点
公式サイト: http://www.houyou-movie.com/
試写会場: 一ツ橋ホール(by Anemo様、いつもありがとうございます)
監督:ペドロ・アルモドバル
出演:ペネロペ・クルス、ユイス・オマール、ブランカ・ポルティーヨ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルベン・オチャンディアノ、タマル・ノバス
製作国:スペイン(2009年)

〈ストーリー〉
目の見えないマテオ(ユイス・オマール)は、今は芸名のハリー・ケーンと名乗っている。
映画監督時代からの友人のジュディスとその息子が何かと世話をしてくれるが、ジュディット(ブランカ・ポルティーヨ)のアメリカ出張中に、息子に14年前の悲しい出来事を話す。
美しい女優志望のレナ(ペネロペ・クルス)は、癌の父親を助けるため、好きでもない会社経営者のエルネスト(ホセ・ルイス・ゴメス)の女になる。
二年後、自分の映画のオーディションに来たレナを見たマテオは、演技がイマイチなのにもかかわらず、レナを主演に起用する。
レナを縛りつけたいエルネストは息子のJr.に頼んで撮影中のレナをビデオに収めさせる。
監視の目をかいくぐって逢瀬を続けてきたマテオとレナだったが、とうとう我慢の糸が切れ、、、。
(公開まで間があるため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
何が言いたいのかはわからないが、映画としては面白い。
映画を撮る設定だから、制作過程や編集次第で駄作にも傑作にもなるのがわかる。
ラストの衝撃は想像通りだったが、だからといって何の人間関係も変わらない。ただそれぞれの気持ちやこれからの生き方だけが変わるのだ。
一緒に行った人はラストの衝撃に気付かなかったらしので、ぼーっとしてるとせっかくのストーリーがわからないまま終わっちゃうかも。
セリフに注意して、よく画像を見たほうがいいかも。それにしても何で「MALETA」の訳が「鞄」なんだろう?バッグだと思われちゃうけどスーツケースです。

|

« 50歳の恋愛白書 | トップページ | ソフィーの復讐 »