« アバター(3D字幕版) | トップページ | 牛の鈴音 »

交渉人 THE MOVIE

Koushonin
78点
公式サイト: http://www.koshonin-movie.com/
試写会場: 東映試写室(by cinemacafe映画様、本当にいつもありがとうございます。)
監督: 松田秀知
出演: 米倉涼子、林遣都、反町隆史、陣内孝則、高橋克実、筧利夫、笹野高史、塚地武雅、高知東生、八神蓮、城田優、安めぐみ、林丹丹
製作国: 日本(2009年)

〈ストーリー〉
ショッピングセンターで人質を取った事件が発生した。
主犯は自らを教祖のように名乗る元ジャーナリスト(津軽雅彦)。彼に「日本は変えられる」と言われ、フリーターの木元祐介(林遣都)とその兄は、人質の中にいたが、そこで彼の話に洗脳される。
現場で木元を見て不審に思った警視庁の交渉人・宇佐木玲子(米倉涼子)は、北海道に行くはずの羽田空港で、木元を見つけ、そのまま木元の後を追って北九州行きの便に乗る。
案の定、木元を含む人物が、飛行機をハイジャックしてしまうが、、、。
(公開まで間があるため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
テレビシリーズを見ていなくても、俳優陣が豪華なので十分楽しめる。
特に、実質上主役の林遣都クンがいるだけで、一層映画だという実感が高まる。
内容は、テレビを観ている人のほうが楽しめるんだろうが、私的にテレビ朝日のテレビ番組を映画化するのは、なんとなくファンの期待を裏切らない作りになっている気がする。
日本の物語にありがちな、Everything will be alright 的な話で安心して観ていられるし。
ただ、これってあり得ないだろうってことがいっぱいあって、それも日本人的。
日本人がテレビ観る感覚で観る分には、ウケるだろうが、世界には通じないな、、、。これは。

|

« アバター(3D字幕版) | トップページ | 牛の鈴音 »