« サヨナライツカ | トップページ | ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 »

ゴールデンスランバー

Goldenslumber
79点
公式サイト: http://www.golden-slumber.jp/
試写会場: 東宝試写室(by Yahoo映画様、本当にいつもありがとうございます。)
監督: 中村義洋
出演: 堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之
製作国: 日本(2009年)

〈ストーリー〉
大学時代のサークル仲間・森田(吉岡秀隆)から、釣りに誘われてやってきた青柳雅春(堺雅人)。
2年前にアイドルの凛香(貫地谷しほり)を助けて、一躍地元で有名になった青柳だったが、そのことでヒーローになったがゆえに、今、悪者にされそうになっていると森田から告げられる。
その日は、仙台出身の首相の凱旋パレードがメイン通りで行われていた。
メイン通りから数十メートル離れた場所で、森田の車に乗っていた青柳は、後ろで爆発音が聞こえ、森田の忠告通り逃げることになる。
何が何だかわからない青柳だったが、仙台中を逃げるうちに、自分が大きな組織から悪者にされかかっていることに気付く。
(公開まで間があるため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
出演者が豪華なためか、今まで観た井坂幸太郎原作ものとしては、もっとも出来がよく、おもしろかった。
ただ、原作は読んでないが、終わりがなんだか納得行かない。
あれじゃあ、解決になっていないし、、、、。
最初に森田が言った「どんなに無様でもいいから、ともかく逃げろ!」の答えがあれかとは思うけど、ちょっとやるせない。
映画で、どこまで原作をイジっていいかわからないが、もっとハッピーエンドに持っていけなかったかな。
それにしても、濱田岳クン、どの井坂作品にも、ぴったり当てはまってて、彼無しでは考えられないカンジ。
堺雅人さん、主役でも十分目立つ存在になちゃって、もう助演男優賞獲るのは、無理かもね。

|

« サヨナライツカ | トップページ | ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女 »