« 交渉人 THE MOVIE | トップページ | のだめカンタービレ 最終楽章 前編 »

牛の鈴音

Usinosuzuoto
原題:워낭소리(カウベルの音)
74点
公式サイト: http://www.cine.co.jp/ushinosuzuoto/
映画館: 銀座シネパトス
監督: イ・チュンニョル
出演: チェ・ウォンギュン、イ・サムスン
製作国: 韓国(2008年)

〈ストーリー〉
79歳になるチェ爺さんは、妻と40歳の年老いた牛と農業をやって暮らしている。
小さい頃、針の治療で失敗して右足の筋肉が委縮してうまく歩けない。
足を引きずって歩く爺さんとともに、ずっと働いてきた牛のおかげで、9人の子供を育てあげた。
年老いて、歩くのもやっとの牛を毎日荷運びに借り出し、妻は牛が可哀そうとなげく。
頭が痛くて、医者から療養するように言われても、仕事を休まない爺さん。
と同時に爺さんと一緒に畑に行く牛。
新しく飼った牛が、子供を産み、その牛のえさの草を運ぶために、さらに働かされる老牛。
しかし、ある日、とうとう、老牛は動かなくなった。
鼻輪や、色々なものを体から取り外すお爺さん。
牛は手厚く、畑の中に墳をもられて葬られた。

〈感想〉
何の演出もなく、セリフのほとんどが婆さんの愚痴ばかり、というものすごいドキュメンタリー映画。
その婆さんの愚痴が、自分の祖母そっくりで、特に「私より苦労した人間はいない」というセリフが祖母とまったく同じで、この映画の婆さんとウチの祖母の言葉が本当なら、どっちが世界一苦労した人間なのか知りたい。
ってゆーか、つまり女って、こうゆうセリフをみんな吐く生き物だってことか。
爺さんが、農薬も機械も使わず収穫したお米を、まず子供に送って、自分は残った米だけを食べる、というシーンを観て、米農家だった実家と重なって、涙が止まらなくなった。
親って、ありがたい。
この映画の、本当のテーマは親だったと思うけど、ここのシーンでよく表現されていた。
農家出身じゃないと、この映画の良さは、多分、半分くらいしかわからないかもしれないけど。
日本と韓国って、農家の風景がよく似ているだけに、心に響いた。

|

« 交渉人 THE MOVIE | トップページ | のだめカンタービレ 最終楽章 前編 »