« かいじゅうたちのいるところ | トップページ | RISE UP ライズアップ »

Disney’s クリスマス・キャロル

Xmascarol_2
85点
原題: Disney's a Christmas Carol
公式サイト: http://www.disney.co.jp/movies/christmas-carol/
映画館: TOHOシネマズ錦糸町(スクリーン6)
監督: ロバート・ゼメキス
出演: ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース
製作国: アメリカ(2009年)

〈ストーリー〉
会計士の スクルージ(ジム・キャリー)は、守銭奴で、クリスマスで浮かれている街中が大嫌い。
唯一の肉親の(コリン・ファース)が、自宅のディナーに誘っても、慈善団体から寄附を求められても断ってばかり。
会計事務所で働くボブ(ゲイリー・オールドマン)がクリスマス休暇を取るのをイヤミたっぷりに送り出し、一人寂しいクリスマス・イブを送るはずだった。
しかし、突然元仕事のパートナーが幽霊になって現れ、これから3人の精霊が彼のもとにやってくると告げる。

〈感想〉
人の顔をスキャナーでなぞってからアニメ化したかと思えるほどリアルな映像。
街を空中から眺めるシーンは、主人公じゃなくても゛Quite beautiful゛と言いたくなる美しさ。
コリン・ファースだけは、声ですぐわかったけど、ジム・キャリーは多分主人公がそうなんだろうなあ、って程度ですぐはわからなかった。そしたらエンディング・クレジット見たら、主人公以外も全精霊やそのほかの人物の声もやっていたみたいで、びっくりした。
私も死んだら、手足に鎖をいっぱいつけながらさまようのかなあ。

|

« かいじゅうたちのいるところ | トップページ | RISE UP ライズアップ »