« パンドラの匣 | トップページ | キャピタリズム~マネーは踊る~ »

わたし出すわ

Dasuwa
80点
公式サイト: http://watashi-dasuwa.com/
映画館: 川崎チネチッタ()
監督: 森田芳光
出演: 小雪、黒谷友香、井坂俊哉、山中崇、小澤征悦、小池栄子、仲村トオル
製作国: 日本(2009年)

〈ストーリー〉
山吹摩耶(小雪)は、久々に故郷の函館に帰って来た。
市電の運転手をする、高校時代の同級生・道坂保(井坂俊哉)に、世界の路面電車巡りの旅行資金を出すという。
高校時代に仲の良かった仲間一人ずつと会って、夢をかなえる資金を出すと申し出る。
マラソン選手の川上(山中崇)には足の手術代、水産試験所の保利(小澤征悦)には研究費、平場さくら(小池栄子)には夫(ピエール瀧)の箱庭協会の会長になる費用を提供する。
しかし、今は大企業の社長夫人としておさまる魚住サキ(黒谷友香)には資金を提供しなかった。その後サキの夫は横領がバレ、死亡し、全財産を失ったが、サキの元に表れない摩耶。
大量の資金が摩耶にあるのはパトロンがいるからと勘違いしたサキは、摩耶を嫉む。
ホステスに戻ったサキに対して、最後の財産を渡した摩耶だが、その資金はどこから来ているのか?
(ストーリーはここまで)

<感想>
仏教がテーマのような映画。
得を積めば救われるというか、自分の大切な人が幸せになるのを見ると幸せになる摩耶を見ていると、こっちも幸せになってくる心温まる映画。
最後のさくらの告白はちょっと余計だったが、それを置いても十分楽しめる映画で、万人にお勧め。

|

« パンドラの匣 | トップページ | キャピタリズム~マネーは踊る~ »