« 理想の彼氏 | トップページ | パンドラの匣 »

なくもんか

Nakumonka
82点
公式サイト: http://nakumonka.jp/index.html
映画館: 川崎チネチッタ(チネ12)
監督: 水田伸生
出演: 阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、皆川猿時、片桐はいり、鈴木砂羽、いしだあゆみ
製作国: 日本(2009年)

〈ストーリー〉
幼い頃に、父親(井原剛)の借金が原因で、身重の母親(鈴木砂羽)と生き別れになった下井草祐太(阿部サダオ)は、父親の知り合いのハムカツ屋の主人(カニング竹山)の家で育てられ、大きくなった。
主人には一人娘の徹子がいたが、ハムカツばかり食べて、デブでやる気がないため、店の暖簾を祐太に譲ることにした。
小さな頃から、自分を育ててくれた主人や商店街に恩返ししようと、頼まれたことは何でも笑って引き受けてきた祐太だったが、その彼の前に、ある日謎の美女(竹内結子)が現われる。
一方、小さな時に母親に死なれ、それ以来親戚や施設を転々としてきた下井草祐介(瑛太)は、金城大介(塚本高史)と実の兄弟といつわり、金城ブラザーズと名打って大ブレークし、売れっ子芸人になるが、、、、。
(公開されて間もないいため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
エキストラで参加した映画は、全部観よう!と決心して観に行ったが、参加した映画の中では最高に面白かった。
さらに、私が観た阿部サダオ主演or宮藤官九郎脚本・映画としても、最高の面白さ!
いつも見た目の面白さばかりが目立つ作品が多いが、これは話の筋もキチンとしていて(?)、結構泣ける。
うたい文句が「泣ける喜劇か、笑える悲劇か」となっているが、明らかに「笑える悲劇」。
人間、不幸な人ほどおかしいんだって。
だから不幸自慢って言葉があるんでしょう?あれは、自分自身も笑い飛ばすためにある自慢なんだって。
ってゆーか、私、不幸だって思っていない、普通の話をして「不幸自慢」って言われたことあるんだけど、、、。つまり主人公の山ちゃん(阿部サダオ)も、不幸って思っていなくて、ただ疲れているだけかもね。
そういえば、あの山ちゃんが疲れを取る役が、阿部サダオに一番似合ってた。アレ(あのバイト)、絶対やったことあるんじゃない?

|

« 理想の彼氏 | トップページ | パンドラの匣 »