« キッチン~3人のレシピ~ | トップページ | 理想の彼氏 »

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

Blackgaisha
74点
公式サイト: http://black-genkai.asmik-ace.co.jp/
試写会場: 中野ZEROホール(via Aさん、いつもありがとうございます)
監督: 佐藤祐市
出演: 小池徹平、マイコ、田中圭、品川祐、池田鉄洋、中村靖日、千葉雅子、田辺誠一
製作国: 日本(2009年)

〈ストーリー〉
イジメが原因で不登校になり、高校を中退してからNEETになってしまったマ男(小池徹平)は、母親(朝加真由美)の死を機に、社会で働こうと決意する。
しかし学歴や社会経験の無さから、どこも就職を断れる中、黒井システム株式会社が初めて採用通告を出してくれた。
しかし、入社初日から、リーダー(品川祐)の非人間的な扱いを受けて、違和感を感じたマ男だったが、唯一まともな社員・藤田(田辺誠一)のおかげで、会社にとどまることができる。
リーダーの過酷な要求もクリアし、入社後2週間で、プロジェクトリーダーを任されたマ男は、だんだん自分の生き方や人生観に目覚めていく。
(公開まで間があるため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
かねり大袈裟になっているが、システム開発系の職場は、どこもこのようなもの。
定時退社は都市伝説とまでは言わないが、そういう非常識な会社もこの世にあるのは事実。
そんな中マ男クンみたいに、過酷な労働環境で、妙に頑張っちゃう人がいるのも本当の話。
私からすると、なんでこんな会社に居続けるのかまったく理解できないが、私の考えだけでいくと、日本の民間サラリーマンの90%以上は転職を繰り返すことになるから、私のほうが非常識なのだろう。
ブラック会社の中て、一番違和感感じたのは、マイコさん演じる派遣社員。
システム系女子で、あんな風に誰が見ても一目ぼれしちゃうような、徹夜女子はいないって!ってゆーか、男子の目が肥えてないので、少々問題ありの女子でも、マイコさん並みの可愛い女子に見えちゃうことはあり得るかも。
まあまあの面白さだけど、IT系経験者なら、結構笑えるので、観る価値ありかも。

|

« キッチン~3人のレシピ~ | トップページ | 理想の彼氏 »