« 2012 | トップページ | ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない »

キッチン~3人のレシピ~

Kichen
70点
原題: 키친 (キッチン)
公式サイト: http://www.kitchen-movie.com/
映画館: 109シネマズ川崎(スクリーン10)
監督: ホン・ジヨン
出演: チュ・ジフン、シン・ミナ、キム・テウ
製作国: 韓国(2009年)

〈ストーリー〉
幼馴染の兄貴分(ヒョン)のサンイン(キム・テウ)と1年前に結婚したモレ(シン・ミナ)は、小さい頃からずーっとヒョンのことが大好き。
結婚記念日に、サンインが行きたがっていた陶磁器展に行くと、そこで見知らぬ男性ドゥレ(チュ・ジフン)と出会う。隠れて陶磁器展に入った2人は、関係者から隠れて狭い場所に入り込み、お互い惹かれあい、その場で結ばれてしまう。
初めて浮気してしまったモレは、直にサンインに告白し、サンインはとがめなかったが、心にひっかかるものがあった。
証券会社を辞めてレストランを開こうと思ったサンインは、フランスで修業している弟分を家に連れてくるが、その男性はモレが浮気した相手のドゥレだった。
3人に暮らし始めるうちに、どんどんドゥレに惹かれていくモレだったが、、、、。
(公開間もないため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
先に筋を見てから行ったからよかったけど、知らなかったらいきなりの展開にびっくりしたかも。
韓国の女性って、今ではあんなに簡単に知らない人としちゃううんでしょうか?
私が初めて韓国に行った19年前とは、貞操観念も料理に対する考え方もずいぶん変わったようで、かつてはバタークリームケーキしか無かった韓国に、あんなりっぱなフランス料理があるなんて信じられない。
料理評論家までいる。
ストーリーはつまらなかったけど、料理とか、韓国のモダンなお家とか、文化を知る上では大変ためになる映画。
舞台になっている家の雰囲気やインテリアが最高!なんてったって、玄関があるのがうれしいよね、やっぱり。バスルームの雰囲気は日本と違うけど、それ以外はかなり日本の家と似てて安心するものがある。
主人公の女の子、どこかで観たと思ったら、『最強☆彼女』に出ていた娘よね?作品に恵まれなくて可哀そう。それともチョイスが悪いのか。

|

« 2012 | トップページ | ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない »