« 路上のソリスト | トップページ | キッチン~3人のレシピ~ »

2012

2012
70点
原題: 2012
公式サイト: http://www.sonypictures.jp/movies/2012/
試写会場: 新宿厚生年金会館(by フジテレビ様、いつもありがとうございます)
監督: ローランド・エメリッヒ
出演: ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、モーガン・リリー、ダニー・クローヴァー
製作国: アメリカ(2009年)

〈ストーリー〉
週末を子供達と過ごすために、元妻のケイト(アマンダ・ピート)の家にボスのリムジンで出かけたジャクソン(ジョン・キューザック)は、街に異変が起きていることに気付かず、イエローストーンに行った。
かつては無かった立入禁止区域に、立ち入ったジャクソン親子はたちまち軍に包囲され、キャンプ地域まで護送される。
そこで、一人謎のFM放送を続けている男から、もうすぐ地球が終わる話を聞かされる。
当初真に受けなかったジャクソンだが、周りの異変に気付き、急いで家族を連れて脱出を試みるが。
(公開まで間があるため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
『ホテル・ルワンダ』でも思ったが、結局自分達さえ助かればいいのかい!!
地獄の沙汰も金次第なら話はわかるが、何の取り柄も、いい遺伝子も持っていない人物をノアの方舟に乗せるのはいかがなものか。
『宇宙戦争』みたいに、主人公の家族だけ逃げおおせるなんて、アメリカ映画の筋立てにはどうしても無理がある。韓国映画みたいに、誰でも死んじゃうのも悲しいけど、やっぱ不自然でしょう。
とはいいつつ、ジョン・キューザックのダメ親父ががんばる姿が、結構よくて70点up
ちなみに右の写真の太平洋戦争の防護服着たみたいなシーンはありません。

|

« 路上のソリスト | トップページ | キッチン~3人のレシピ~ »