« さまよう刃 | トップページ | 僕らのワンダフルデイズ »

僕の初恋をキミに捧ぐ

Bokunohatsu
74点
公式サイト: http://bokukimi-movie.jp/index.html
試写会場: ニッショーホール(by OZ mall)
監督: 新城毅彦
出演: 井上真央、岡田将生、杉本哲太、森口瑤子、細田よしひこ、原田夏希、仲村トオル
製作国: 日本(2009年)

〈ストーリー〉
8歳のときに余命を宣告された逞(岡田将生)は、主事医・種田の娘・繭(井上真央)と病院内で知り合い、将来の結婚を約束する。
余命が少ない逞は、このまま自分と繭が付き合っていると、自分が死んだあと、繭が悲しむと思い、高校は繭と別にして別れることを誓う。
しかし猛勉強の末、逞と同じ紫堂高校に入学した繭は、まだまだ逞と付き合い続けることを宣言する。
そんな2人の前に、入学式で繭に一目ぼれしたという昴(細田よしひこ)が現れ、いずれ死ぬ逞に繭と別れろと宣言する。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

<感想>
最初、井上真央ちゃんが、高校生役で主役と聞いて、もう大学ですら卒業した彼女がなんで?と疑問視したが、中学生役から高校生役まで見事に演じきって、なりきってて、全然違和感なかった。すごーい。
小さな子役のキスシーンがあって、びっくりしたが、最近は子供でもキスしないと俳優やってけないのかと思ったら、ちょっと気の毒。私が小さい頃が中学生くらいの年齢までキスシーンなんてなかったのに。

|

« さまよう刃 | トップページ | 僕らのワンダフルデイズ »