« マーシャル博士の恐竜ランド | トップページ | 引き出しの中のラブレター »

クヒオ大佐

Kuhio
74点
公式サイト: http://www.kuhio-movie.com/
監督: 吉田大八
出演: 堺雅人、松雪泰子、満島ひかり、中村優子、内野聖陽、新井浩文
製作国: 日本(2009年)

〈ストーリー〉
クヒオ大佐(堺雅人)と婚約中の仕出し弁当や社長のしのぶ(松雪泰子)は、クヒオ大佐が滞在する旅館からアメリカ軍基地の往復の運転をさせられたり、買い物や飲食の代金を出させられたりしながらも、もうすぐ大佐の任務が終わると結婚できる幸せでいっぱいだった。
しかし、しのぶと旅館にいる間にも、浮気者のクヒオ大佐は、近くの博物館の学芸員・浅岡春(満島ひかり)に興味を持ち近づく。
一方、あでやかな世界で働く銀座のホステス・須藤未知子(中村優子)にも近づき、金を巻き上げようとする。
そんな中、しのぶの弟でいつもしのぶに金を無心している達也(新井浩文)が、クヒオの電話を受けて、クヒオが詐欺師と感づき、クヒオから金を巻き上げようとするが、、、、。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
先に「あんまり面白くない」という噂を聞いていたせいか、私はとっても楽しめた。
何が楽しいって『松ヶ根乱射事件』以来、主演作がないせいか、ドラマでも映画でもチョイ役でしか見れない新井浩文氏の演技が久々に堪能できたこと!!!
やっぱ、彼の演技っていいよね~。
一緒にいった友達も「あの人、よく見るけど誰だっけ?」って言ってたし。
つまり、みんな気がついているけど、名前も知らないし、名が通るほどメジャーな映画やドラマの主要人物をやっていないわりには、印象に残る演技しているわけよ!
それなのに、新井氏の役がらって(あっ、確か『蟹工船』に割と長めに出てたかも)、なんか表に出ない役ばっかり。
私は『松ヶ根乱射事件』以来、CM(香川照之氏と一緒のダイワハウスのCMが印象的)でも、ドラマでも(確か「ガリレオ」で柴咲コウの幼なじみ役で、1回登場)、ずーーっと彼に注目してきた。
で、今作は、そんなプチ新井浩文ファンの私的には、久々に彼のいい演技が堪能できて、その点大満足。まさかこんなに沢山、こんなに重要な役で出ているなんて知りませんでした。
で、新井浩文氏以外の出演者で、目を引いたのは内野聖陽氏。最初あまりのチョイ役で、違う人かな???って疑っちゃうくらい。
で、次に松雪嬢のダサさ加減。髪型とか、猫背とかは演技力のなせる技かな?と思ったけど、普通に歩くシーンで、あまりのO脚ぶりにびっくり!!あれって演技?ちなみに、それが堪能できるのは、家具屋のシーンです。
次は、目下実力派若手女優注目度No.1の満島ひかり嬢。地味な役も似合うけど、やっぱり彼女は戦う女の図が似合う~。セクシー系でもいけそうなので、もうちょっと露出度アップしてくださると、いいかな~なんて、オヤジっぽい感想の私です。

じゃあ、主役の堺氏は~?ってことだけど、彼は何をやらせても、あのようにニュートラルなカンジで、毒が前面に出ることも、善が前面に出ることも無いタイプの役者さんだと思う。
そういう意味では、一度徹底的な悪人役も観てみたいかも。

|

« マーシャル博士の恐竜ランド | トップページ | 引き出しの中のラブレター »