« アドレナリン:ハイ・ボルテージ | トップページ | のんちゃんのり弁 »

プール

Pool
68点
公式サイト: http://pool-movie.com/
映画館: 川崎チネチッタ(チネ8)
監督: 大森美香
出演: 小林聡美、もたいまさこ、加瀬亮、伽奈
製作国: 日本(2009年)

〈ストーリー〉
チェンマイの空港に降り立ったさよ(伽奈)は、母親の京子(小林聡美)が働いているゲストハウスにやってきた。
オーナーの菊子(もたいまさこ)、ゲストハウスで働く市尾(加瀬亮)、そしてタイ人の子供ビー(シティッチャイ・コンピラ)とともに夕食に誘われるが、その雰囲気についていけず自分の部屋に閉じこもる。
4年前に自分を祖母に預けて残していった母が、他人のタイ人の子供の面倒を見ているのが解せず、ふてくされるさよの心理に京子はまったく気付かない。
それでもタイにいるうちにだんだん心がなごんでいくさよだたt。
(公開されて間もないいため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
何も事件が起こらず、一定箇所からカメラをただ回している場面が多い映画。
のんびりした空気に、小林聡美のゆるい歌が流れると、たとえつまらなくなくても眠ってしまいそうな映画だった。
実際、ダンナは結構眠ってた。
この映画を眠くならずに、楽しんで観れる人ってすごい。
しかもこの映画を、劇場で一番おおきなスクリーンで上映するチネチッタって、、、、、catface
のんびりした午後に、平和な気持ちで寝たい人にお勧め。

|

« アドレナリン:ハイ・ボルテージ | トップページ | のんちゃんのり弁 »