« プール | トップページ | ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ »

のんちゃんのり弁

Nonchan
78点
公式サイト: http://www.noriben.com/
試写会場: ヤクルトホール(via D様、いつもありがとうございます)
監督: 緒方明
出演: 小西真奈美、岡田義徳、村上淳、岸部一徳、山口紗弥加、倍賞美津子
製作国: 日本(2008年)

〈ストーリー〉
31歳の小巻(小西真奈美)は、小説家と称し金銭的に親に頼ってばかりの夫・範明(岡田義徳)に愛想がつきて、一人娘ののんちゃん(佐々木りお)とともに、下町の実家に帰って来た。
下町で着付け教室をしながら年金で暮らしている母(賠償美津子)からちゃんと働けと言われ、世間を甘く見てた小巻は、何の資格も特技が無いまま一日4時間の安易な職を探すが、当然断られてばかり。
そんな中、のんちゃんに毎日作っていた段になっているのり弁が、幼稚園の間で好評を得てお代をもらい、小巻は初めて自分の手でお金を稼ぐ。
中学時代の元カレの健夫(村上淳)の紹介でたまたま知った居酒屋「ととや」の主人(岸部一徳)の味にほれ込み、弟子にしてくれと申し入れるが、、、。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
就職難で失業者があふれ、かつでき婚で何も手に職が無いまま結婚し、離婚して困る女性が多いこの世にバッチリはまったテーマの映画。
主人公の小巻は、31歳で子供が幼稚園なんだから、その前に働いた経験もあるだろうに、何故にこんなに世間を見る目が甘いのか?
果ては、まだ正式離婚していないのに、健夫と甘い関係になったり、ちょっと身持ちを疑いたくなるが、逆にそこが妙にリアルっぽくていい。
弁当を作るのが好きっていうのは、りっぱに徳義だけど、それを職業にまで高められるかはまた別問題。
自分は何もできないと落ち込んでいる若者には教訓的ないい映画だけど、ここまで意思が強い人ってほとんどいないよね。
かくゆう私も安易な週3日の仕事をしています。もっと頑張れば頑張れるんだろうけど、気力が、、、、。

|

« プール | トップページ | ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~ »