« あの日、欲望の大地で | トップページ | プール »

アドレナリン:ハイ・ボルテージ

Crank_high_voltage
90点
原題: Crank: High Voltage(変人:高電圧)
公式サイト: http://www.sonypictures.jp/movies/crankhighvoltage/試写会場: 中野ZEROホール(by TSUTAYA様、???様、いつもありがとうございます)
監督: ブライアン・テイラー、マーク・ネヴェルダイン
出演: ジェイスン・ステイサム、エイミー・スマート、デヴィッド・キャラダイン
製作国: アメリカ(2008年)

〈ストーリー〉
突然空から降ってきて、車の上に落ちた後、意識を失ったチェビ(ジェイスン・ステイサム)は、中国人違法医療機関で、心臓を取られ、人口心臓を埋め込まれた。
そこを脱出したチェビは、自分の心臓を探しに外に出るが、恋人のイブ(エイミー・スマート)に電話してもつながらない。
医者のドック(ドワイト・ヨーカム)に電話すると、人口心臓は、外から電圧を加えると充電されるという。
車のバッテリーからチャージしたり、電信柱からチャージしたりしながら、自分の心臓を箱に入れて逃げる中国人男ジョニー・ヴァン(アー・スー)を追いかけ、ストリップバーに行くと、踊り子の中にイブを発見し、連れ出し逃げる。
そこでおかしな中国人女性リア(バイ・リン)も加わり、行く先々で人を殺しまくりながら、心臓を追いかけるが、、、。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
『トランスポーター3』も面白かったけど、バカバカしさ加減が大炸裂したこっちのほうが面白い。
今年はジェイソン・ステイサムの当たり年かも。
何がすごいって、すごいバカバカしい演技をトランスポーター並みの真顔で演じる、ジェイソンがすごい。
おしまいのメイキング映像にもあったけど、自分でも笑っちゃうような演技らしくて、笑うのをこらえて真面目な顔でこんなアホらしい演技ができるのは、ジェイソンだけじゃないか?
っていうかジェイソンがやるからギャグ度がアップしている。
正直、1作目があまりにもバカバカしくて、続編があると聞いたとき、なんでこんなくだらない映画の続編作るの???って疑問だったけど、2作目のほうが圧倒的に面白い!
『トランスポーター』公開年に合わせて、これからも毎回作って欲しい。
18歳以上限定だけど、この内容なら仕方ないよね。大人向けのギャグってことで、、、、、。
真面目な映画に出れなくて、ひょっとしてジェイソン自体は不満かもしれないけど、これからも彼独特のニッチ映画にいっぱい出て欲しい!

|

« あの日、欲望の大地で | トップページ | プール »