« ぼくとママの黄色い自転車 | トップページ | ココ・シャネル »

さそり

Sasori_2
65点
原題:蠍子(サソリ)
公式サイト: ナシ
映画館: 銀座シネパトス(3)
監督: ジョー・マー
出演: 水野美紀、ディラン・クォ、サム・リー、ブルース・リャン、エメ・ウォン、石橋凌、夏目ナナ
製作国: 香港、日本(2007年)

〈ストーリー〉
恋人のケンイチ(ディラン・クォ)と幸せな日々を送っていたナミ(水野美紀)は、ある日何者かが侵入し、脅され、ケンイチの妹を彼の目の前で殺してしまう。
刑務所に送られると、そこは弱肉強食の世界で、同部屋の人間と戦わないと生きていけない。
刑務所No.1の女(夏目ナナ)を倒し、見せしめにつるしあげに会い、そのまま死体として山に捨てられたところを、死体収集が趣味の男・Corpse collector(サイモン・ヤム)に拾われる。
Corpse collectorは武術の達人で、復讐を誓ったミナのために武術を教える。
武術が上達したミナは、元の世界に戻り、自分を殺人者に仕立てた人間を次々と殺していくが、、、。
(公開間もないため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
前半の刑務所のシーンはかなり苦痛でつまらなかったけど、後半はテンポよく、水野美紀のアクションも光ってかなり面白かった。
ってゆーか、サイモン・ヤム目当てで観に行っているのに、彼が出てくるまで長すぎて、出てきたときは「あっ、サイモン・ヤム出てたんだ!」ってびっくりするほど。
前半はお色気が売りみたいで、どこかで観たような女優さんが胸を見せて登場したけど、やっぱり日本の女優さんだったのね(しかもAV出身のようでした)。
さらに、水野美紀氏本人の声と、吹替えの人と、2種類あるのは何故でしょう?
石橋氏はすべて吹き替えでした。
こうなったら香港原音版が観たいわ!でも公開されていないのかしら?
日本映画だと観に行ったら、いきなりオープニングクレジットで「出品人」とか、すべて香港式クレジットで出てくるからびっくり。
無事、香港でも公開されることを祈っています。

|

« ぼくとママの黄色い自転車 | トップページ | ココ・シャネル »