« 湖のほとりで | トップページ | ノーボーイズ、ノークライ »

BALLAD 名もなき恋のうた

Ballad
80点
公式サイト: http://www.ballad-movie.jp/index.html
試写会場: よみうりホール(by 東宝様、いつもありがとうございます)
監督: 山崎貴
出演: 草なぎ剛、新垣結衣、武井証、筒井道隆、夏川結衣、香川京子、中村敦夫、大沢たかお
製作国: 日本(2009年)

〈ストーリー〉
小学生の川上真一(武井証)は、学校でイジメを見て見ぬフリをしたり、親のケンカを聞かないようにして、いつも物事から逃げてばかりいる。
ある日、近所の川上の大クヌギの根元で古い手紙を見つけた瞬間、戦国時代の天成2年にタイムスリップしてしまう。
そこで、春日という小国の大将・井尻又兵衛(草なぎ剛)と、春日の御姫様・簾(新垣結衣)と出会う。
一方、行方不明になった真一を心配する良心(夏川結衣、筒井道隆)は、木の下にあった天成2年の真一から届いた手紙を元に、天成の時代に車でタイムスリップし、真一を助けに行く。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
原作の『クレヨンしんちゃん』の映画が面白かったということで、評判通り超面白かった。
今までタイムスリップ映画はいっぱいあったが、こんなにスンナリ昔の人に受け入れられた未来人はいないんじゃないだろうか。
みんな携帯電話や、デジカメ、カレーライスなど、ありとあらゆる未来の物を受け入れるばかりでなく、飲み食いしたり、車に乗ったり、自転車に乗ったり、本当にこんなことが実際あったら楽しいだろうという、子供目線のタイムスリップが描かれている。
さらに行先が、織田信長とか有名な武将じゃないところがいい。
春日とか実際あったかどうかもわからないような国じゃー、何があっても今の時代に影響ないわけだから、勝とうが負けようが関係ないし。
2時間12分と聞いて、長いかなーって思ったけど、全然長く感じなくてお勧め!

|

« 湖のほとりで | トップページ | ノーボーイズ、ノークライ »