« おと・な・り | トップページ | レスラー »

ターミネーター4

Terminator4
75点
原題: Terminator Salvation (ターミネーター、救済)
公式サイト: http://www.sonypictures.jp/movies/terminatorsalvation/
試写会場: 一ツ橋ホール(via Fl様、いつもありがとうございます)
監督: マックG
出演: クリスチャン・ベイル、サム・ワーシントン、アントン・イェルチン、ブライス・ダラス・ハワード、ヘレナ・ボナム・カーター
製作国: アメリカ(2009年)

〈ストーリー〉
死刑囚のマーカス・ライト(サム・ワーシントン)の元に、癌に犯された一人の女性(ヘレナ・ボナム・カーター)がやってくる。彼女はマーカスに検体を求め、キスと引き換えにマーカスはサインする。
時は過ぎ、2018年。
"スカイネット"社が作ったロボット、ターミネーターと人間の戦争がもう何年も続いていた。
スカイネットのレジスタントのリーダーとなったジョン・コナー(クリスチャン・ベイル)は、敵の基地を襲って部下を全員殺されたが、基地は大爆発を起こし、一人生き残ったマーカスは基地に戻る。
しかし大爆発から生き残ったもう一人の人間がいた。
彼は、まわりで何が起きているかまったくわからず、ロサンジェルスでターミネーターに襲われたところを、一人の少年に救われる。少年の名はカイル・リース(アントン・イェルチン)。スカイネットの抹殺リストの一番目に名前が挙がっているが、少年はその事実すら知らない。少年が男に名前を聞くとマーカスだと応えた。
少年と耳が聞こえない少女スター(ジェイダ・グレイス)は、マーカスとともに英雄ジョン・コナーがいる基地に向かうが、マーカス以外の人間は途中でスカイネットのトランスポーターに捕えられてしまう。
マーカスが死んだら、人間の将来が変わることを知っているジョンは、なんとしてもマーカスを救いだそうとするが、、、、。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
最初の『ターミネーター』しか見たこと無いが、それでも大体のストーリーは読めた。
「○○がいなくなると、自分も消える」みたいな話はよくあるが、それって卵が先かニワトリが先かみたいで、一体どっちが正しいのかわからなくなる。
その点を除いたら、やっぱり面白かった。
ジョン・コナー以外にもマーカスという究極の人間の愛情を持ったヒーローがいて、2人の役者の見た目がカブっているから、最初どっちがどっちかわからなかったが、キャラが明らかになると2人のいい男を楽しめた。私は圧倒的にマーカス派だな。
ただ謎な点もいっぱい。
マーカスは何故、北を目指したのか?
マーカスが「こうなるとプログラミング」されていたなら、何故最後に彼はそのプログラムに背いたのか?
マーカスは過去をずっと懐かしんでいるようだったが、その過去とは何なのか?この物語と関係あるのか?
時間が足りないのはわかるけど、おもわせぶりなフリがいっぱいあるのに、全然本編に答えが出てこないのは困る。
誰か、謎を教えて。

|

« おと・な・り | トップページ | レスラー »