« ある公爵夫人の生涯 | トップページ | チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ »

スタートレック

Startrek
76点
原題: Star Trek
公式サイト: http://www.startrekmovie.com/intl/jp/#/top
試写会場: 東商ホール(by OZ Mall様、いつもありがとうございます)
監督: J.J.エイブラムス
出演: クリス・パイン、ゾーイ・サルダナ、ザッカリー・クイント、サイモン・ペッグ、エリック・バナ、ウィノナ・ライダー、カール・アーバン、レナード・ニモイ
製作国: アメリカ(2009年)

〈ストーリー〉
惑星連邦軍艦隊で15分間だけキャプテンでヒーローだった父を持つジェームス・T・カーク(クリス・パイン)。英雄の父とは正反対に小さな頃から無鉄砲で、無秩序な彼だったが父の元友人のパイクからUSSエンタープライズ号に乗るように勧められ、親友のマッコイ(カール・アーバン)とともに乗船する。
かつて父を死に至らしめたアンドロメダ星人のネロ艦長(エリック・バナ)率いる反乱軍は、バルカン人と地球人のハーフであるスポック(ザッカリー・クイント)が自分の星を消滅させたとして、彼に対する復讐として連邦に属する星を次々と消滅させる。
地球を守りたいが無秩序なジェームスは、USSエンタープライズ号を放りだされるが、たどりついた星である人物と出会い、彼や地球の運命を変えて行く。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
ストーリーは、「スターウォーズ」と「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を足して2で割ったカンジ。
しょっぱなから時空を超えた話になるので、ただでさえ物語をつかまえるのが苦手な私は、かなり混乱した。
そのうちいちいち時系列を追うのは無理と悟り、単純に画面で起きていることを楽しむことにした。
「スターウォーズ」の第一作が大好きだった私には、それを彷彿させて宇宙空間を楽しめる。
もうちょっとラブロマンスもあるとよかったけど、それだと盛り込み過ぎになっちゃうのかな。
大作で面白いけど、今の日本では大ヒットは無理っぽい。
私のようなオバさん世代にお勧めな1本。

|

« ある公爵夫人の生涯 | トップページ | チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ »