« 60歳のラブレター | トップページ | おっぱいバレー »

スラムドッグ&ミリオネア

Slumdog_millionaire
点数: 73点
原題: Slumdog millionaire(スラム育ちの百万長者)
公式サイト: http://slumdog.gyao.jp/
試写会場: 新宿厚生年金会館大ホール(by USEN株主総会)
監督: ダニー・ボイル
出演: デヴ・パテル、フリーダ・ピント、マドゥール・ミッタル、イルファン・カーン、アニル・カプール
製作国: イギリス(2008年)

〈ストーリー〉
ムンバイのスラム街で育ったサリームとジャマールの兄弟は、ある日イスラム教徒刈りで母親を亡くし、否応なしに故郷を離れる。
故郷を離れるときに、たまたま一緒に逃げてきた少女ラティカにジャマールは一目ぼれするが、サリームはラティカに冷たい。
都会で、偽ガイドや、靴泥棒をしながから、なんとか生き延びた2人は、ラティカを探しに再びムンバイに戻る。
そこで、かつてひどい目にあわされた裏社会のボス、ママンを殺したサリームは、ムンバイのクロ社会に足を染め、ジャマール(イルファン・カーン)はラティカを追い続ける。
ラティカに会うために、ジャマールが取った行動は、大人気番組『クイズ・ミリオネア』に出演することだった。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
インドの貧乏な少年が、お金目当てでクイズ番組に出演する映画だと、勝手に思っていたら、実は、彼が求めていたのは、お金じゃなくて愛だったのにびっくりcoldsweats02
どんなに貧しくても、愛があれば生き延びれるという古今東西不滅のテーマを、人気クイズ番組にかけ合わせて、フラッシュバック形式で表現した監督は、映画作りがうまいと思う。
アカデミー賞を取る前に観たらもっと楽しめたかもしれないけど、下手に冠がついちゃったから、よっぽどすごい映画なのかとうがって見てしまうのがいけない。
もっと素直な気もちで観れたらよかったのに。
さらにインド映画独特の意味の無いダンスが最後に登場するが、あれをもっとふんだんに入れて欲しかった。そしたらもっとリアルにインドっぽさを感じれたのになあ。

|

« 60歳のラブレター | トップページ | おっぱいバレー »