« レイン・フォール/雨の牙 | トップページ | ウォーロード/男たちの誓い »

チェイサー

Chaser
点数: 89点
原題: 추격자(「追撃者」)
公式サイト: http://www.chaser-movie.com/
試写会場: よみうりホール(by nifty様、本当にいつもありがとうございます)
監督: ナ・ホンジン
出演: キム・ユンソク、ハ・ジョンウ、ソ・ヨンヒ
製作国: 韓国(2008年)

〈ストーリー〉
元警官で、今はデリヘルサービスの元締めをやっているジュンホ(キム・ユンソク)は、最近店から女の子が消えていることにいらだっている。
保証金を踏み倒されて、いらだっているジュンホは、風邪で休みたいというミジンを無理やり客先に向かわすが、ミジンと連絡が取れなくなる。
ジュンホは、たまたま見つけたミジンの客を殴り、交番に連れて行かれるが、客はミジンを売ったのではなく、殺したと自供する。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
韓国の大ヒット映画は、かなりの確率でいい作品が多い。
この作品も、有無を言わされないくらい素晴らしい出来で、私が大好きな『殺人の追憶』に似た緊迫感とやるせなさか感があり、もう日本でも大ヒット間違いなし!!!

と言いたいところだが、日本では、韓国映画=韓流おばさんの映画みたいな固定観念がついてしまったため、どんなにいい映画もヒットしづらくなっている。
この映画は、人間に対してゆるい日本人の概念をはるかに飛び越えた現実を表していて、すっごいけど、多分日本ではヒットしないんだろうなあ。
『殺人の追憶』で韓国映画の人材に嫉妬した私ですが、この映画も同じ感情を抱いた。
日本映画も、夢のようなエンディグは止めて、もっと現実を見ようよー。現実に近い映画を撮ろうよー!

|

« レイン・フォール/雨の牙 | トップページ | ウォーロード/男たちの誓い »