« ウォーロード/男たちの誓い | トップページ | グラン・トリノ »

バーン・アフター・リーディング

Burnafterreading
点数: 74点
原題: Burn After Reading(読んだら焼け)
公式サイト: http://burn.gyao.jp/
映画館: TOHOシネマズ錦糸町・スクリーン3
監督: イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン
出演: ブラッド・ピット、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコヴィッチ、ティルダ・スウィントン、フランシス・マクドーマンド
製作国: アメリカ(2008年)

〈ストーリー〉
ある日突然CIAをクビになったオズボーン(ジョン・マルコヴィッチ)。医師で財務省連邦保安官のハリー(ジョージ・クルーニー)と不倫中の妻・ケイティ(ティルダ・スウィントン)は、自分の財産を盗られると思い、離婚を早めようとする。
離婚調停のためにオズボーンのPCから盗みだした彼のファイルが、ひょんなことからスポーツ・ジムのチャド(ブラッド・ピット)とリンダ(フランシス・マクドーマンド)の手に渡ってしまう。
美容整形手術を受けたいリンダは、チャドとともにオズボーンからファイルと交換にお金を巻き上げようとするが、オズボーンは相手にしない。
(公開前のため、ストーリーはここまで)

〈感想〉
コメディだと思っていたのに、ブラピが殺されるところから、様相が違うとわかった。
これはコメディではなく、CIAの仕事をおちょくった皮肉映画だったのだ。
最後まで観るとちっとも笑えない話だ。
普段こうやって、まったく事件と関係無い人間がCIAから追跡され、命を落とすこともあるのかと思うと、恐ろしい話。

|

« ウォーロード/男たちの誓い | トップページ | グラン・トリノ »